banner

土地を購入する際に気をつけるべきこと

"思いどおりの家を建てるためには、土地選びは重要です。土地を購入する際に気をつけたいポイントについてご紹介します。

■土地の法的規制
まず基本となるのはその土地の法的規制です。都市計画法で建築できる土地かどうか決まっています。たとえば市街化調整区域なら、原則として家を建てることができません。

用途地域も確認してください。第一種住居専用地域や商業地域などの言葉を聞いたことがあるでしょう。用途地域によって建ぺい率(その土地に建てられる建築面積の割合)や容積率(その土地に建てられる延床面積の割合)、高さ制限、斜線規制などが違ってきます。一般に閑静な住宅街といわれる地域は、床面積、高さ、構造などに厳しい制限があります。

次に土地に接している道路について調べます。公道であれば問題ありませんが、私道の場合は、家を建てられる認定を受けているか、ライフラインの埋設工事などの許可が取れるかなど、詳しい調査が必要となります。 その土地が、最低4m以上の幅の道路に、2m以上接しているかという確認も必要です。もし幅員が4m未満の場合は、道路の中心から2mセットバックしなければなりません。

■ライフライン
ガス管や上下水道管が埋設されていない場合は、新たに敷地内へ引き込むための工事費が発生します。道路からの距離によっては、かなりの負担となることもあります。 電気は、近くの電柱から引き込むので、それほど費用はかかりません。

■建築条件付きのあるなし
建築条件付きとは、指定する建設業者との間に一定期間内に建築工事請負契約を締結しなければいけないというもの。自分で建設業者を決めたい場合は、建築条件の付いていない土地を選びます。

■擁壁
隣地、道路との高低差があり擁壁が設けられている場合は、擁壁もチェックしましょう。石積みやブロック積などは注意が必要です。ヒビがないか、水抜き穴は適切かなどをよく確認してください。土地は安くても擁壁工事が必要なら、かえって高くつくこともあります。

■地盤
実際の地盤の良し悪しは、地盤調査をしなければわかりませんが、その地名からある程度の予測はできます。たとえば川、沼、池など水に関する漢字が使われている場所は、地盤が悪い傾向があります。また、昔は田んぼや畑だったところも注意が必要です。 造成地の場合は切土か盛土かも重要。盛土は地盤改良工事が必要になることもあります。

■隣地との境界線
隣地が更地や駐車場ならば、将来建物が建つ予定はあるのか、また、隣地との境界線はどうなっているか、境界杭はあるかなどを確認しておきましょう。

■水の流れ
雨の降った次の日、道路や側溝に水が溜まっていないか、敷地内にぬかるみがないかなど、水はけを調べることで、地盤の良し悪しがわかります。

■日当たり、風通し
同じ時間帯だけではなく、昼や夕方など時間によって日照がどう変わるかの確認も必要です。また、近くに大きなマンションなどがあると、風通しに影響することがあります。

■周辺の環境
昼だけでなく夜にも土地を見に行くことをおすすめします。夜間の人通りや街灯はどうか、電車やバスの本数はどうかなどを確認しておきます。 また、学校、公園、病院、スーパーなどもチェック。近隣にはどんな人が住んでいるのか、自治会の活動状況などもわかれば安心です。 不動産屋の情報で徒歩5分と書いてあっても、開かずの踏切などがあったり、女性や子どもの足だと、もっと時間がかかることがあります。必ず電車・バス、徒歩で、現地まで行ってみるようにしましょう。

"

土地の購入は大きな買い物になります。前もって何を気を付けるべきか、チェックポイントを決めて選ぶことを忘れずに。

what's new

Copyright(C)2013 土地の購入ガイド All Rights Reserved.